脇のムダ毛を自己処理することで招くデメリットとは?

脇のムダ毛を自己処理することで招くデメリットとは?

脇の下は範囲が狭いですし、鏡越しに見やすいので、ムダ毛を自己処理で済ませている方も多いようです。

 

こまめな処理が必要になりますが、確かに脇毛の処理はそれほど手間ではありません。

 

ですが、自己処理を続けていると思わぬデメリットがあるのです。

 

埋没毛が出来る

 

埋没毛というのは、ムダ毛が皮膚の内部で成長してしまうトラブルです。

 

毛抜きを使ったりカミソリで剃ったりすると、毛穴が裂けたり傷ついたりしてしまいます。

 

すると、皮膚を修復するための治癒力によって皮膚同士が癒着し、毛穴が塞がれてしまうことがあるのです。

 

毛穴が塞がれてしまったら、成長して伸びてきたムダ毛の出口がなくなります。

 

そのため皮膚の内部で成長を続ける埋没毛というトラブルになってしまうのですね。

 

埋没毛は、時間が経てば分解されていきますが、それにはかなりの時間がかかります。

 

その間はずっと黒くとぐろを巻いている状態が続くのです。

 

処理をするには皮膚を切ってムダ毛を抜くしかありませんが、自分でやると雑菌が入ったり炎症が起こったりします。

 

そうなるとさらに肌トラブルが起こるというデメリットがあるのですね。

 

色素沈着が起こる

 

ムダ毛の自己処理は、どんな方法であっても肌にダメージを与えます。

 

1回の処理ではそれほどのダメージでないとしても、定期的に処理をしているとダメージが蓄積されます。

 

肌はダメージを受けるとメラニン色素を生成します。

 

本来であれば、メラニン色素はターンオーバーで排出されるので沈着しません。

 

ですがダメージが蓄積していて、さらに摩擦が起こりやすい脇というのはターンオーバーが滞りやすいのです。

 

そのため色素沈着が起こり、黒ずんでしまうことが多いです。

 

いくらムダ毛を処理しても肌が黒ずんでしまったら、綺麗とは程遠い状態になりますね。

 

また、脇は腕を動かすことで擦れるので、美白ケアをしても効果が出づらい部位です。

 

つまり一度黒ずんでしまうと改善しにくいため、汚らしくなるデメリットがあるのです。

 

このように脇のムダ毛の自己処理はデメリットがあるので、脱毛サロンに任せるのが正解です。

うなじ脱毛サロンおすすめ
トップへ戻る