ホクロに脱毛するとなぜダメなの?ホクロに脱毛すると起こる悲劇とは?

ホクロに脱毛するとなぜダメなの?ホクロに脱毛すると起こる悲劇とは?

ネットで調べると、ホクロがあると脱毛できない、やけどをする可能性があるなどネガティブな情報が多いです。

 

不安そうな女性

 

しかし、なぜホクロに脱毛するのはダメなのか分からない方もいるかもしれませんね。

 

ホクロに脱毛をすると起こる悲劇とはどのようなものなのか見てみましょう。

 

光脱毛はホクロにも反応する

 

なぜホクロに施術ができないのか、これはメラニン色素が関係しています。

 

脱毛サロンで使用する脱毛器からは、メラニン色素に反応する波長が発生します。

 

この波長はむだ毛のメラニン色素とホクロのメラニン色素を見分けることはできません。

 

つまりメラニン色素であれば、むだ毛でもホクロでも反応して高熱を発生させるのです。

 

むだ毛は細いので熱が作られても、照射した途端にトラブルが起こることはありません。

 

しかしホクロのメラニン色素はとても濃いため、熱量もその分大きくなるのでやけどをしてしまいます。

 

ホクロの部分はターンオーバーしないので、やけどをすると皮膚組織が壊れた状態になります。

 

そのため、ホクロには脱毛ができないのですね。

 

ホクロがあっても脱毛したいときは

 

ホクロに脱毛するのはダメですが、ホクロがあるというだけで施術を断られることはありません。

 

ですが、普通に施術を受けるのは難しく、脱毛サロンによって対策を講じています。

 

  • ホクロの部分にテープを貼る
  • ホクロから離れた部分だけ脱毛をする
  • メラニン色素に反応しない施術を行う

 

このように、脱毛サロンではダイレクトにホクロに施術を行うことはしません。

 

最後のメラニン色素に反応しない施術というのは、SHR脱毛という最新の脱毛方法です。

 

この脱毛方法を導入しているお店であれば、ホクロのぎりぎりまで施術が可能となっています。

 

ただしSHR脱毛を導入しているお店は少ないので、ホクロを避けるかテープを貼るというのがスタンダードな対応になります。

 

ホクロがある場合は、施術を受けてもらえるとしても慎重に行わなくてはいけません。

 

ですので、これからお店選美をする場合は、脱毛サロンの口コミなどで対応や技術をしっかりチェックしておきましょう。

うなじ脱毛サロンおすすめ
トップへ戻る